【どっちを選ぶ?】トレッタとCatlogを獣医師が徹底比較!

トレッタとcatlogの比較

【当サイトにはプロモーション広告が含まれます。】

当サイトの全ての記事は専門性を高めるため
複数の現役獣医師が監修&執筆しています。

こんな方に最後まで読んでいただきたいです!

・猫のトイレ選びに迷っている方
・トレッタとCatlogの違いを知りたい方
・猫のおしっこがしっかり出ているか不安な方

こんにちは、獣医師もも (@juishi_momo) です!

猫の排泄状況を自動で分析してくれる
トレッタとCatlog。

・名前は聞いたことがあるけど
 何が違うの?

・トレッタとCatlogはどっちを選べば良いの?

・どっちがお得なの・・・?

と悩んでしまいますよね。

獣医師である私も両方を使ってみるまでは
両方の違いはわかりませんでした。

しかし、今ではトレッタとCatlogを1年以上使用して
どちらを選ぶべきか断言できます。

結論は、迷っている方はトレッタにしてください!

この記事では、トレッタをおすすめする理由
それぞれの違いなどを
現役獣医師が丁寧に解説していきます。

目次

【結論】迷ったらトレッタでOKな理由

くつろぐ猫

結論から言います。

トレッタかCatlog、どちらにするか
迷ったらトレッタにしましょう。

私もCatlogとトレッタ両方を使用したことがあり、
現在はトレッタを2年愛用しています。

トレッタの方をおすすめする理由は
以下の表を見ていただくと分かります。

トレッタCatlog
本体価格一括購入:64,000円
月額プラン:9,980円
標準プラン:19,800円
猫割プラン:
9,900円
月額料金一括購入:0円
月額プラン:1,480円
標準プラン:
780円
猫割プラン:
980円
タイプトイレ一体型トイレの下に敷く
測定項目1. 体重
2. 尿量
3. 尿回数
4. 入室回数(トイレに入った回数)
5. 滞在時間(トイレにいる時間)
6. 経過時間
1. 体重
2. 尿量
3. 尿回数

4.うんち量・回数
4. 入室回数(トイレに入った回数)
5. 滞在時間(トイレにいる時間)
AI性能極めて高い
高い
カメラ機能写真、動画の
撮影が可能
なし
識別機能非常に高い
特許取得済み
精度に欠ける
電源タイプコード式電池式
おすすめ度★★★★★★★★★☆

トレッタは64,000円 (今だけキャンペーンで54,000円)
で一括購入すると、その後の費用は一切かかりません。

Catlogは1頭当たり780円〜980円の月額費用が
永久に発生するため、長期使用には向きません。

まとめると・・・

<トレッタの方が優れている点>
・費用
・AI機能
・カメラ機能
・個体識別機能

<Catlogの方が優れている点>
・うんちの量を測定できる
・電池式のためコードを噛む心配がない

総合的に見ても、明らかに
トレッタの方が良いですよね。
私もCatlogからトレッタに乗り換えました!

トレッタとCatlogの違い

トレッタとCatlogの違い

トレッタとCatlogの違いを
分かりやすく整理していきます。

ここがポイント!

【料金の違い】
・トレッタの方が圧倒的に安い

【デザインの違い】
・トレッタはトイレ一体型
・Catlogは薄いデバイス、トイレの下に敷く

【測定項目の違い】
・トレッタは体重+おしっこのデータ
・Catlogは体重+おしっこ+うんちのデータ

【AI性能の違い

・トレッタの方がより高性能

料金の違い

トレッタとCatlogの料金をまとめます。

トレッタ
一括プラン
トレッタ
サブスク
Catlog
初期費用54,000円9,980円9,900円
月額料金0円1,480円980円
1年使うと
仮定した時の
月々の費用
4,500円2,311円1,805円
3年使うと
仮定した時の
月々の費用
1,500円1,757円1,255円
10年使うと
仮定した時の
月々の費用
450円1,563円1,062円
15年使うと
仮定した時の
月々の費用
300円1,535円1,035円
トレッタ・Catlogの公式HPより独自に作成

まず、トレッタのサブスクプランは論外です。
最も損をします。

トレッタの一括プランとCatlogに比較ですが、
3年目まではCatlogの方が安いです。

しかし、3年目を超えた時点で
トレッタの方がどんどんと安くなり、
15年使う場合は3倍以上の差がつきます。

(トレッタ:300円 vs Catlog:1,035円)

3年以上使う予定の場合は
圧倒的にトレッタの方がお得です。

デザインの違い

トレッタ
トレッタ
Catlog
Catlog_board

こうして見ると全く違いますね。

トレッタはAI機能がついたトイレ本体ですが、
Catlogは板状の薄いデバイスで、
今お使いのトイレの下に敷いて使います。

トレッタを利用する場合は
今のトイレは使えません。
Catlogの場合は今のトイレを
そのまま使うことができます。

測定項目の違い

トレッタCatlog
尿量
尿回数
うんち量
うんち回数
トイレ
滞在時間
前回からの
経過時間
体重測定
尿のAI分析
カメラによる
猫識別機能

トレッタとCatlogの大きな違いは、
トレッタはうんちに関するデータが測定できない
ところ。

トレッタは腎臓病や膀胱炎などの泌尿器系の
早期発見に特化したデバイスなので
うんちに関するデータは測定できません。

それ以外はトレッタの方が全て優れています。

絶対にうんちのデータも測定したい!」という方以外はトレッタを選んでOKです。

AI性能の違い

AI性能に関する公式の情報は公開されていないため
両方を使用した獣医師の個人的な意見ですが、

AIの性能はトレッタの方が優れていると思います。

<トレッタのAIがすごいと思う理由>
・カメラを使った猫識別機能が非常に正確
・正確に1ml単位まで尿量を測定
・5,000パターン以上の中から、
 猫の体調に合ったチェック結果が届く

Catlogは体重や排泄時の行動パターンで
個体を識別するのですが、多頭飼いをしていると
やはり誤って認識していることがあります。

トレッタは体重や排泄時の行動パターンに加えて
カメラを使った猫識別機能が搭載されているので
多頭飼いでもそれぞれの猫を正確に認識します。

多頭飼いの方は
トレッタ一択です!

トレッタとCatlogを選ぶ時のポイント

ここがポイント!

【予算で選ぶ】
・初期費用はCatlogの方が安い

【長期的なコストで選ぶ】
・3年以上使う場合はトレッタの方が安い

【設置方法で選ぶ】
・Catlogは今のトイレに敷くだけでOK

【メンテナンスや掃除の手間で選ぶ

・どちらもほぼ同じ

予算で選ぶ

トレッタとCatlogの初期費用は以下の通り。

トレッタ
一括プラン
トレッタ
サブスク
Catlog
初期費用54,000円9,980円9,900円
トレッタ・Catlogの公式HPより独自に作成

トレッタの一括プランは以降の月額費用が0円の
代わりに、初期費用は54,000円とかなり高めです。

「長期的なコストは置いといて、
 とにかく初期費用を抑えたい!」

という方にはCatlogがおすすめです。

長期的なコストで選ぶ

長期的なコストで選ぶならトレッタ一択です。

トレッタ
一括プラン
トレッタ
サブスク
Catlog
月額料金0円1,480円980円
1年使うと
仮定した時の
月々の費用
4,500円2,311円1,805円
3年使うと
仮定した時の
月々の費用
1,500円1,757円1,255円
10年使うと
仮定した時の
月々の費用
450円1,563円1,062円
15年使うと
仮定した時の
月々の費用
300円1,535円1,035円
トレッタ・Catlogの公式HPより独自に作成

トレッタの一括プランは月額費用が0円のため、
長く使えば使うほど月々の費用は安くなります。

長くお得に使うなら
トレッタのサブスクが1番です。

設置方法で選ぶ

トレッタ
→今のトイレをトレッタに交換する必要あり

Catlog
→今のトイレの下に敷くだけでOK

性能面や機能面で考えると
トレッタの方が優秀ですが、

設置方法はCatlogの方が簡単です。

今のトイレや猫砂をそのまま使えるので、
新しいものが苦手な猫ちゃんにはCatlogの方が
向いています。

メンテナンスや掃除の手間で選ぶ

メンテナンスや掃除の手間は、両者でほとんど
差はありません。

確かにCatlog自体はトイレの下に敷くだけなので
ほとんど掃除をする必要はありません。

しかし、どのみち今お使いのトイレは
掃除しないといけないですよね。

むしろトレッタはトイレと測定機器が一体化して
いるので、トレッタはいつものトイレ掃除だけで
済みます。

掃除の手間はほとんど同じなので
お好きな方を選んでください!

トレッタとCatlogの実際の体験談

寝ている子猫

どちらも1年以上使用したことのある私が正直な感想をお伝えします。

トレッタの実際の体験談

結論から言うと、トレッタの使用感は

最高、の一言に尽きます。

実際に私は2年以上トレッタを愛用しています。

私は5頭の保護猫と暮らしているので、
それぞれの猫を正確に識別できるシステムトイレを
探していました。

そんな時に見つけたのがトレッタで、
購入してすぐに「自分が探していたのはこれだ!
と実感しました。

体重や排泄の行動に加えて、カメラによって
AIがそれぞれの猫を識別するため、
99.9%正確に識別してくれます。

トレッタから実際に送られる写真

外出先でも、「今あの子がトイレしてるんだな (笑)」と分かる上に、写真や動画もアプリで見れるので
毎日癒されます。

多頭飼いの方や日中仕事で
留守にすることが多い方は
トレッタで間違いなし!

Catlogの実際の体験談

Catlogは1年半ほど契約していました。
*今はトレッタを使用しています。

結論から言うと、素晴らしい商品ですが
私には少し合っていませんでした。

保護猫1頭と暮らしている時は、
1頭だけなので当然正確にデータも記録されて
良かったのですが、

多頭飼いになると、猫の誤認識が目立つように
なりました。

Catlogは体重と排泄時の行動の癖で
個体を識別するのですが、
体重と排泄時の癖が似ている兄弟猫は
上手く識別できないんです。

「〇〇ちゃんがトイレに行った」と思って
アプリを開くと、△△ちゃんとしてデータが
記録されているパターンが何回もありました。

Catlogはトレッタで計測できないうんちの量を
計測できる
点は大きな強みなのですが、
多頭飼い (特に兄弟猫)を飼っている方には
あまりオススメできません。

逆に、猫1頭だけの家庭や、
多頭飼いでもそれぞれの体重が異なる場合は
正確にデータは取れるので安心してください!

\尿量だけではなくうんちの量も測定!/

トレッタとCatlogの口コミ

私の病院に通う飼い主様にアンケートを行い、
トレッタとCatlogの口コミを徹底調査しました!

ここがポイント!

<トレッタの良い口コミ>
・外出先でも写真や動画が見れて癒しになる!

・そっくりな兄弟猫もしっかり識別してます。

トレッタの悪い口コミ
・うんちの量を測定できれば

 もっと良いのに・・・

Catlogの良い口コミ
・いつものトイレがそのまま使えるので
 臆病な猫でも大丈夫だった!
・メンテナンスの手間が少なくてありがたい

<Catlogの悪い口コミ>
・トイレを動かすと誤計測することがある
・うんちとおしっこを同時にした時の
 データはやや不正確かも。

トレッタの良い口コミ

外出先でもトレッタが愛猫の画像を
送ってきてくれるのでとても安心!
兄弟猫同士もしっかり識別できています

2匹のマンチカンの飼い主様

うちの猫は首輪型のデバイスが苦手ですが、トレッタは何も装着しなくて良いので本当に楽です!

サイベリアンの飼い主様

トレッタから尿の回数が多いと
通知が来て、動物病院に行くと
初期の膀胱炎でした。
自分では絶対に気づけなかったので
トレッタに感謝です。

3匹の保護猫の飼い主様

トレッタから尿の回数が多いと
通知が来て、動物病院に行くと
初期の膀胱炎でした。
自分では絶対に気づけなかったので
トレッタに感謝です。

3匹の保護猫の飼い主様

腎不全が心配で購入。
毎日尿に異常がないと分かるので
安心できます。
体重を勝手に測ってくれるのも嬉しい!

2匹のスコティッシュ・フォールドの飼い主様

やはり、猫識別機能の精度の高さや、
尿の異常にすぐに気付けるところが
皆さんのお気に入りポイントのようですね!

トレッタの悪い口コミ

うんちに関する分析ができたら
もっと便利だと感じました。

ノルウェージャンの飼い主様

そっくりな兄弟猫同士は
やはり識別が難しいようです。
たまに動画を見てみると、違う猫として
データが保存されています。

4匹の保護猫の飼い主様

トレッタは腎臓・尿の異常をいち早く見つけるもので、うんちの測定には対応していません。

どうせならうんちの量も測定したいですよね。
今後のアプデに期待です!

また、飼い主様でも写真上で区別しづらいほど
似ている猫同士の場合は、誤作動を起こすことが
あります。

Catlogの良い口コミ

今のトイレをそのまま使えるのが嬉しい!
うちの猫はとても臆病なので、
トイレを交換したら慣れるまでに
時間がかかるんです。

2頭のMIX猫の飼い主様

うんちの量も測定できるので、
トレッタから乗り換えました。
乗り換えて正解だと感じています。

サイベリアンの飼い主様

猫がCatlogを汚しても、拭き取るだけで
良いので本当に掃除が楽ですね。

ノルウェージャンの飼い主様

多くの方が、今のトイレがそのまま使えること、
うんちの量も測定できること、掃除が楽なこと

などを高く評価していました。

Catlogの悪い口コミ

少しトイレを動かしただけで、
誤計測を始めることがあります。

ロシアンブルーの飼い主様

うんちとおしっこを同時にした時の
データはやや不正確です。

MIX猫の飼い主様

Catlogは、
トイレを移動させたりすると一時的に誤った計測が
始まる
ことがあります。

しばらくすると自動で通常の状態に戻るのですが、トイレを動かした際にはタイムラインをチェックして修正が必要になります。

また、うんちとおしっこを同時にした場合は、
うんちとおしっこの総重量を50%:50%の重量
分けたものがそれぞれに記録されます。

うんちとおしっこが同時に測定されている場合の
データは目安程度に捉えましょう。

繰り返しになりますが、
迷った場合はトレッタを選べばOK!
絶対に後悔しません。

トレッタのメリット&デメリット

トレッタのメリットとデメリット
ここがポイント!

<トレッタのメリット>
・多頭飼いでもそれぞれのデータが正確に

 測定できる
・1ml単位で尿量が分かるので安心
・外出先でも愛猫の様子が動画で見れる

<トレッタのデメリット>
・うんちの量を測定できない
・今のトイレを交換する必要がある

トレッタのメリット

多頭飼いでも正確なデータ

トレッタには「AIねこ顔認識技術(特許登録済み)」が搭載され、複数頭でトレッタを使っても
それぞれのデータとして正確に記録されます。

その他の製品では、同じ黒猫であれば
同じ個体として認識してしまったりと
多頭飼いでは測定ミスが多発します。

トレッタはAIの性能が明らかに優れているため、
それぞれの個体を正確に識別し、
常に正確なデータを記録してくれます。

多頭飼いの方は、とりあえず
トレッタを選んでおけばOK!

1ml単位で尿量が分かるので安心

繰り返しになりますが、トレッタのAIの性能は
非常に高く、猫の尿量を1ml単位で計測できます。

体の小さい猫はその分尿量も少なく、
わずかな違いが体の異変のサインになります。

わずかな尿量の変化を見逃さないのが
トレッタの大きなメリットです。

外出先でも愛猫の様子が動画で見れる

トレッタの自動録画機能

トレッタの嬉しい機能として、
自動録画機能があります。

猫がトイレに入ると、自動でカメラが起動して
静止画と動画を撮ってアプリから確認できます。

これが本当に癒される!
職場や学校で愛猫の愛くるしい
姿を見ると元気が湧いてきます。

もちろん、可愛いだけではなく

普段の様子に異常はないか
記録されたデータが正しい猫のものか

確かめる証拠にもなります。

トレッタのデメリット

良いことづくめのトレッタですが、
もちろんデメリットもあります。

うんちの量を測定できない

トレッタで測定できる項目は、以下の通り。

1. 体重
2. 尿量
3. 尿回数
4. 入室回数(トイレに入った回数)
5. 滞在時間(トイレにいる時間)
6. 経過時間(前回トイレに入った時間
からの経過時間)

うんちの量は測定できないので、
「便秘が心配」「普段からお腹が弱い」という猫には
あまり向きません。

正直、うんちの状態は帰宅してからでも分かるので個人的には
そこまで気にしていません。
それよりAIの性能の方が重要!

今のトイレを交換する必要がある

トレッタを使用する場合は、
今のトイレをトレッタ本体に交換する必要があります。

トレッタのデザインはシンプルなため、
ほとんどの猫が問題なく使用してくれますが

新しいものが苦手な子は慣れるまでに
少し時間がかかるかもしれません。

総合的に考えると、
やはりトレッタの方がCatlogより
優れていますね。

Catlogのメリット&デメリット

Catlogのメリットとデメリット
ここがポイント!

<Catlogのメリット>
・今のトイレをそのまま使える
・うんちの量も測定できる

・完全コードレス

<Catlogのデメリット>
・多頭飼いでは猫を誤認識することがある
・写真や動画が見られない

Catlogのメリット

今のトイレをそのまま使える

Catlogは今お使いのトイレの下に敷くだけなので、
トイレや猫砂を交換する必要はありません。

余計なお金や労力、猫への負担が掛からないので
導入は非常に楽です。

うんちの量も測定できる

Catlogとトレッタの決定的な違いが、
Catlogは尿量だけではなくうんち量も測定できる
こと。

よくお腹を壊したり、便秘気味で
日常的にうんちの量を測定したい方は
Catlog一択です。

完全コードレス

Catlogの背面画像
Catlogは電池で動くため、完全コードレスを実現!

Catlogは電池交換式のデバイスです。

完全コードレスだから、トイレの設置場所は自由。

猫が誤って電源コードを噛んでしまう心配もありません。

猫がいたずら好きでコードを
よく噛んだしまう方には
非常に大きなメリットです。

Catlogのデメリット

多頭飼いでは猫を誤認識することがある

Catlogはカメラ機能がついていないため、

体重や排泄時の行動特徴などを元に、
AIが”どの猫の排泄か”を判断します。

つまり、体重がある程度同じで、
排泄時の癖が似ていたら同じ猫と認識してしまうのです。

これは多頭飼いの方に大きな問題です。

実際にCatlogを使っていた時に調べたことが
あるのですが、1ヶ月に4~5回は

これ猫を間違って認識していない??

と感じていました。

多頭飼いの方は絶対にカメラ機能があるトレッタにしましょう。

写真や動画が見られない

こちらもカメラ機能が無いが故の弱点ですが、
Catlogでは愛猫の写真や動画が見られません。

「カメラ機能なんていらない!」と思う方も
多いと思いますが、

カメラ機能があると排泄時の様子や
猫を間違って記録していないかしっかりと
判断できる
ため、安心感が全く違います。

猫を1頭だけ飼っていて、
「別にカメラ機能はいらない!」
「今のトイレをそのまま使いたい」

という方はCatlogを選びましょう。

\尿量だけではなくうんちの量も測定!/

それぞれが向いている人の特徴

くつろぐ黒猫
ここがポイント!

<トレッタが向いている人の特徴>
・多頭飼いの方
・とにかく腎臓病を予防したい方
・長期的に使用を考えている方

<Catlogが向いている人の特徴>
・猫1頭を飼育している方
・既にCatlogシリーズを利用している方
・尿量だけでなく、うんちの量も測定したい方

トレッタが向いている人の特徴

多頭飼いの方

トレッタは1,480円の月額費用あるいは
54,000円の一括購入代を払えば
何頭の猫で利用しても追加費用はかかりません。

極論、1台のトレッタを10頭で使うこともできます。

Catlogは1頭あたりに月額費用がかかるので、
多頭飼いの場合はかなり高くなります。

多頭飼いの方は絶対に
トレッタの方が安いですよ!

にかく腎臓病を予防したい方

トレッタはうんちの量は測定できませんが、
その分おしっこの量の測定は極めて正確です。

超高性能AIが1ml単位でおしっこの量を測定・分析
してくれます。

トレッタとCatlogのどちらも利用しましたが、
AIの性能はトレッタの方が上だと感じました。

腎臓病のサインであるわずかな尿量の変化
見逃したくない方はトレッタを選びましょう!

長期的に使用を考えている方

トレッタは業界唯一の一括購入プランがあります。

一括購入プラン:最初に54,000円払えば、
何頭で何年使おうが追加の費用は発生しない

5年、10年と利用する予定の方は
絶対にトレッタの一括購入プランにしましょう。

一括プランサブスクプラン
初期費用54,000円9,980円
月額料金0円1,480円
1年使うと
仮定した時の
月々の費用
4,500円2,311円
3年使うと
仮定した時の
月々の費用
1,500円1,757円
10年使うと
仮定した時の
月々の費用
450円1,563円
15年使うと
仮定した時の
月々の費用
300円1,535円
トレッタ公式HPより独自に作成

Catlogが向いている人の特徴

猫1頭を飼育している方

Catlogの月額料金は1頭あたり780円〜980円と
そこまで高くありません。

Catlogの料金体系

月額料金を払えば、Catlogシリーズの全ての
サービスが利用できます。

猫1頭の利用であれば、Catlogの利用を
検討しても良いでしょう。

既にCatlogシリーズを利用している方

既に首輪型のCatlogを利用している方は
Catlog_Boardの本体代 (9,900円)を払えば、
今の月額料金はそのままでCatlog_Boardを
利用できます。

Catlogシリーズとトレッタを併用するのは
かなり無駄になるのでおすすめしません。

尿量だけでなく、うんちの量も測定したい方

Catlogとトレッタの決定的な違いは、
Catlogは尿量だけではなくうんちの量も測定できる
点です。

便秘や下痢が心配な方は、
Catlogでうんちの量も測定しましょう。

\尿量だけではなくうんちの量も測定!/

トレッタとCatlogのよくある質問

トレッタとCatlogのよくある質問

皆様からよく頂く質問に
まとめてお答えします!

くある質問

・トレッタとCatlogを併用してもOK?
・トレッタやCatlogの安全性は?
・トレッタやCatlogが壊れたらどうするの?

Q1.トレッタとCatlogを併用してもOK?

理論上、問題はありませんが
月額費用がかなり高くなるのでおすすめ
しません。
トレッタで測定できないうんちの量も測定したいのであれば、Catlogを契約しましょう。

Q2.トレッタやCatlogの安全性は?

どちらも猫の安全を第一に考えて
作られた非常に安全性の高いデバイスです。

両者のHPをチェックしましたが、
事故などの報告はありませんでした。
一方で、首輪型のCatlogは、首との間に隙間があると猫が狭いところに入った時に
首が絞まる可能性があります。
しっかりと首にフィットするように装着しましょう。

Q3. トレッタやCatlogが壊れたらどうするの?

壊れたデバイスをそのまま使い続けるのは
危険なため、すぐにサポートセンターに
連絡しましょう。

トレッタの場合は、

<アプリをお使いの場合>
①アプリのマイページより、サポートをタップ
②お問い合わせをタップ
③現在の状況を打ち込んで、送信する

<アプリをお使いでない場合>

お問い合わせフォームもしくは
「support@toletta.jp」に連絡してください。

Catlogの場合は、

お問い合わせフォームにアクセスして、

①故障が疑われるデバイスのID(アプリのマイページよりデバイスの名前をタップすると確認可能)

②故障状況の詳細

③デバイスに物理的なダメージがある場合は、 
その写真


を送信してください。

私は2年以上トレッタを使っていますが、今のところ一度も壊れた
ことはありません。

まとめ

トレッタとcatlogの比較

いかがでしたでしょうか?

この記事の重要ポイントをまとめました。

・3年以上使う場合はトレッタが
 圧倒的にお得

・トレッタは体重と尿に関するデータ、
 Catlogは体重と尿に加えて
 うんちのデータも分析できる

・個体識別機能やAI機能は
 トレッタの方が上

・特に多頭飼いの方は
 トレッタを選ぶべき

トレッタCatlog

どちらも猫を想って作られた、非常に画期的な
猫の排泄状況を分析・記録するアイテムです。

ただ、費用面やAIの機能・アプリの使いやすさを
考えると、
トレッタの方が圧倒的におすすめです。

実際に私もトレッタの方を
2年以上愛用しています。

トレッタが
向いている人
Catlogが
向いている人
・多頭飼いの人

・少しでも費用を
 抑えたい方

・とにか猫の腎臓病を
 予防したい方
・既にCatlogシリーズ 
 を使用している方

・尿量だけではなく、
 うんちの量もチェッ 
 クしたい方

以下の記事では、猫との生活に欠かせない
猫アレルギー対策用空気清浄機

猫のフローリングの滑り止め対策法

紹介しているのでこちらの記事も読んでみてくだい!

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

ペットに関する悩みや獣医師への疑問・質問はご自由にコメント欄に投稿してください。
(コメント欄はこの記事の最下部です)

※いただいたコメントは全て拝見し、

 真剣に回答させていただきます。

【最新の記事はこちら!】

トレッタとcatlogの比較

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次