【犬が脱走!】探し方のコツや帰ってくる確率は?【獣医師解説】

犬が脱走した時の探し方のコツや帰ってくる確率

こんにちは、獣医師もも (@juishi_momo) です!

皆様は、散歩中に犬が脱走してしまったり、

不注意で犬を家から脱走させてしまった経験はありませんか?

・犬が脱走したらどうやって探せばいいの・・・?

・犬が何日も帰ってこなくて心配・・・

・犬の散歩中の脱走を防止するにはどうすればいいの・・・?

このような悩みを抱えている犬の飼い主様は非常に多いです。

犬が脱走してしばらく家に帰ってこないと
「このまま帰ってこないんじゃ・・・?」と心配になりますよね。

そこでこの記事では、「犬が脱走した時の探し方や帰ってくる確率」について、
現役獣医師である私が丁寧に解説していきます!

私自身も、実家の猫が脱走してしまった時にこの記事で紹介する方法で
無事猫を発見することができました!

猫が脱走してしまった時の探し方は以下の記事で詳しく解説しています!

目次

犬が脱走した時の探し方と捕まえ方

犬が脱走した時の探し方と捕まえ方

いきなりですが、犬が脱走した時の探し方と捕まえ方を
確認していきましょう♪

犬が脱走した時の探し方

①まずは地域の保健所や動物愛護センターに連絡する
②次に、近くの動物病院と警察署に連絡をする
③歩いて犬の捜索を続けながら、SNSやインターネットで情報を集める

(*マイクロチップにGPS機能は付いていない)
④迷子のチラシを作る

地域の保健所や動物愛護センターに連絡する

一般の方が迷子犬を発見した場合、高確率で保健所か愛護センターに通報しています。

そのため、まずは地域の保健所か愛護センターに連絡してください。

保健所ですでに保護されている可能性もありますし、
犬を探す時のアドバイスをもらえることもあります。

厚生労働省が管轄区域別の一覧を公開しているので保健所管轄区域案内をご参照ください。

最新の情報を得るためには、直接電話するしかありません。

施設の迷惑にならない範囲で何度か電話してみましょう。

近くの動物病院と警察署に連絡をする

脱走した犬を見かけた人が、近くの動物病院や警察署に相談していることは良くあります。

交通事故などで怪我をして動物病院で手当てを受けているかもしれません。

地域に動物病院と警察署への連絡も忘れずに行いましょう。

③歩いて犬の捜索を続けながら、SNSやインターネットで情報を集める

脱走した犬を見つけ出すには、24時間が一つのタイムリミットになります。

24時間以内に捜索を開始すれば、犬を発見できる可能性がグンと上がります。

・脱走してから24時間以内は自宅の近くにいることが多い
・外にいる時間が長くなればその分だけ命の危険が高くなる

いつもの散歩コースなどを歩いて犬を探しながら、
同時並行でSNSやインターネットで情報を集めると効果的です。

「マイクロチップを埋めていたら、犬の居場所が分かりますか?」とよく聞かれます。
現在のマイクロチップは読み取り専用であり、GPS機能はついていないため
犬の居場所を探知することはできません。

④迷子のチラシを作る

動物病院やスーパーなどに相談して、作成した迷子のチラシを貼ってもらえないか確認してみましょう。

チラシには、以下の項目は必ず記載してください。

・犬の写真と名前
・犬の鳴き方や身体的な特徴
・首輪や洋服の特徴
・飼い主様の名前と連絡先

・脱走した日時と場所
・謝礼の有無

謝礼は、できるだけ具体的な金額を記載する方が有力な情報は届きやすくなります。

電柱や地域の掲示板に、勝手にチラシを貼ることは犯罪となりますので注意してください。

必ず所有者に許可を取るようにしましょう。

犬を発見した時の捕まえ方

声をかけながら少しずつ距離を縮める

外で犬を見つけたら、まずは深呼吸をして飼い主様が冷静になってください。

絶対に飼い主様が興奮しないように!

体を低くして犬の目線になり、優しく声をかけながらゆっくり近づきましょう。
大好きなおやつやおもちゃで注意を引くと完璧です。

犬が近づいてきたら、そのまま捕まえてすぐに首輪やハーネスを着用しましょう。

犬が脱走から戻ってきたらするべきこと

犬が無事に戻ってきてもまだ気は抜けません!
犬が脱走から戻ってきたらするべきことをご紹介します。

脱走した犬が自力が戻ってくる確率は10%程度

猫には強い帰巣本能があるため、多くの猫が自宅に戻ろうとします。

一方で、犬には猫ほどの強い帰巣本能はないと言われています。

そのため、脱走した犬が自力戻ってくる確率は10%程度と言われています。
*猫は60〜80%程度

帰巣本能とは、動物が自分の生まれ育った場所に戻ろうとする習性のことです。

家に戻る途中で事故にあったり、水や食料を見つけることができない犬も数多くいるため
自力で戻ってくる確率はかなり低くなります。

犬が脱走から戻ってきたらするべきこと

・動物病院で怪我や感染症の検査を受ける
・ノミ・ダニ・フィラリアの予防薬を使用する
今後脱走しないように対策を練る

・保健所や警察に見つかったことを報告する

犬が帰ってきたら、まずは動物病院を受診しましょう。

骨折などの怪我をしていないか、野良猫や野生動物から感染症をもらっていないか、
動物病院でしっかり調べてもらいましょう。
ノミ・ダニ・フィラリアの予防薬を飲ませるのもお忘れなく!

保健所や警察に届け出をしていた場合は
見つかったことをきちんと報告しましょう。

犬が脱走する原因

犬が脱走する原因

散歩中の脱走以外にも
犬の脱走の原因はたくさんあります。

花火の音に驚いて

犬の脱走が最も多くなるシーズンは7〜9月です。

これは花火大会と大きな関係があると言われています。

花火の大きな音で犬が驚いて走り出し、そのまま脱走してしまうケーズが多いです。

犬のためにも花火大会に犬を連れて行くことは絶対にやめましょう。

屋外で飼っていたが係留が外れた

最近は犬を自宅で飼う人がほとんどですが、ごく稀に屋外で飼育されている方もいます。

犬の安全や感染症リスクの観点から、室内で飼う方が良いのは明らかですが、
屋外飼育では脱走のリスクも高まります。

犬も猫も室内飼いが基本です!

犬の盗難

コンビニやスーパーで買い物をするために、店の外に犬を繋いだ経験はありませんか?

実はこの行動は海外の人からすると信じられない文化であり、
「犬を盗んでください」と言ってるようなものと感じるそうです。

事実、日本でも買い物中に外につないでおいたフレンチブルが盗まれるという事件が
発生しています。

犬の散歩中に買い物をすることは極力控えましょう。

庭の隙間やドアが開いた隙に飛び出した

庭や勝手口の小さい隙間から犬が脱走するケースもあります。

人からすると絶対に通れないような隙間でも、犬は簡単にすり抜けてしまいます。

今一度、犬の目線になって見落としているような小さな隙間が無いかどうか確認してください。

宅配の方が来て玄関の扉を開けた瞬間に、犬が飛び出すという例もあります。

犬用のゲートが非常に効果的です!

脱走した犬が帰ってこないとき

脱走した犬が帰ってこない場合

脱走した犬が帰ってこない場合はどうしたらよいのでしょうか?
一緒に確認していきましょう!

脱走した犬が帰ってこない原因

どれだけ犬を捜索しても見つからず、家にも帰ってこない理由としては
以下の理由が考えられます。

・どなたかが保護して飼っている
・残念ながら交通事故や飢えで死亡した
・犬が捜索しているエリアの外にいる

脱走した犬が帰ってくる確率

脱走した犬が自分で家に戻ってくる確率は非常に低く、10%程度です。

犬が脱走した場合は、犬の帰りをただ待つのではなく
こちらから能動的に捜索しましょう。

チラシを活用したり、SNSで情報を探す

飼い主様自身が捜索できる範囲は非常に限られています。

そのため、自分以外の人からの情報というものが大切です。

チラシやSNSを駆使して犬の情報を集めることで
より効率的に捜索を行うことができます。

絶対に諦めない

最も大切なこと、それは犬が帰ってくることを絶対に諦めないことです。

実際に、犬が脱走して1年以上経ってから無事に帰ってきた例もあります。

半年間は帰ってこなくても、無事に帰ってくる可能性はまだまだあります。

地道な捜索を続けてください。

脱走しやすい犬の特徴と性格

脱走しやすい犬の特徴と性格

脱走しやすい犬の特徴と性格を見ていきましょう♪

脱走しやすい犬の特徴

・大型犬
・未去勢/未避妊の犬
・元保護犬や野良犬

大型犬は運動能力や引っ張る力が高く、走ることが得意な犬種であるため、
散歩中の脱走が非常に多いです。

未去勢/未避妊の犬はホルモンバランスの関係で、飼い主の指示に従わないことがあります。
散歩中に興奮して脱走してしまうリスクが高いです。

元保護犬や野良犬の子は飼い主の指示に従わず、自由気ままに行動しようとすることがあります。
適切な訓練と社会化が不可欠です。

犬の散歩はハーネスとリードで行いましょう!

脱走しやすい犬の性格

・好奇心が強い
・臆病、パニックになりやすい
・十分なしつけができていない

好奇心が旺盛な犬は、新しい場所や刺激に引かれやすく、逃げ出そうとすることがあります

臆病・パニックになりやすい犬は、散歩中の些細なできことでも驚いてしまい
逃げ出してしまう場合があります。

十分なしつけができていない犬は、飼い主の指示に従わず、自由気ままに行動しようとすることがあります。

オススメの犬の脱走防止アイテム

オススメの犬の脱走防止アイテム

獣医師オススメの脱走防止アイテムを3つご紹介します!

ハーネス&リード

犬の脱走のほとんどは散歩中に発生しています。

散歩中の犬の脱走の原因は、首輪がすっぽ抜けてしまうことです。

特に、散歩中に興奮してしまう犬には、首輪ではなくハーネス&リードがオススメです。

ハーネスは首への負担も小さくなるため、
気管の病気が多い犬にはハーネス&リードは必須です。

犬のハーネスと言えば「Julius-K9」シリーズです!

ペットフェンス

飼い主様が家事や育児で目を離した隙に、犬が脱走するというケースも多いです。

ペットフェンスは置くだけで犬の行動範囲を制限できるため、とても便利です。

犬種にも寄りますが、犬の体高 (地面から頭の高さ)の2倍程度までは
飛び越えることができると言われています。

このペットフェンスは小型犬はもちろん、
大型犬の行動もしっかり制限してくれます。

プロに頼るのも一つの方法

最近では、脱走した猫や犬を探す専門の業者が増えてきており、TVでもたまに紹介されています。

ペットレスキュー

犬を探してくれる業者は、猫の業者よりもかなり少ないため
ペットレスキューさんが一番オススメです。

お住いの地域が対応可能エリアかどうか確認していただき、

気になる方は、電話やオンライン相談でまずは相談してみてください!

捜索費用の相場は1日2〜4万円程度

プロの業者に依頼すれば必ず犬が見つかるという訳ではありません。

プロの業者が探した場合の発見確率は70〜80%程度です。

結果に関わらず、高額な捜索費用を支払わなければなりません。
さらにお住いの地域によっては出張料や割増料金が発生することがあります。

1日の捜索費用にはチラシ作成代や捕獲までの料金が全て含まれています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本記事の重要ポイントをまとめました。

・犬が脱走した場合はまず地域の保健所や動物愛護センターに連絡する
・SNSやチラシを有効活用する
・脱走した犬が自分で家に戻ってくる確率は10%程度
・首輪ではなくハーネスを使用すると脱走予防に効果的
・見つからない場合はペットレスキューに依頼するのもあり

以下の記事では、獣医師愛用のプレミアムドッグフードおもちゃサプリメントを紹介しているので、
こちらの記事も合わせて読んでみてください!

犬と猫の超人気おやつ:チュールチュールごはんについても丁寧に解説しています。
興味のある方は以下のリンクからどうぞ!

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ペットに関する悩みや疑問・質問などご自由にコメント欄に投稿してください。
(コメント欄はこの記事の最下部です)

※いただいたコメントは全て拝見し、真剣に回答させていただきます。

【最新の記事はこちら!】

犬が脱走した時の探し方のコツや帰ってくる確率

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次